水素還元スティック公式サイト
  • 販売者概要
  • お支払い方法
  • 送料・納期
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 個人情報保護方針
水素還元スティック » '水素還元スティックとは'

水素還元スティックとは

水素還元スティック
水素還元スティック

水素還元スティックは、水素が豊富な水素水をご家庭で手軽に作ることができる、コンパクトな水素生成スティックです。
ミネラルウォーターや水道水には水素が含まれていません。
また、水素は最も小さな分子なので、空気中にすぐに放散してしまいます。
水素還元スティックは、ミネラルウォーターや水道水を常に水素が発生している状態にし、水を通じて水素を体内に摂り入れることを可能にします。
水素還元セラミックスボールと様々なセラミックスの配合によって常に水素を発生させることが出来ます。

【活性水素が活性酸素を排出する仕組み】

活性水素が活性酸素を排出する仕組み

水素還元スティックの特長

points_ver4_1
水素の発生量は従来品の約2倍。白色の沈殿物が出にくい構造。球状だから扱いやすく、見た目もスマート。
水素の発生量は従来品の約2倍
points_ver4_3
酢水でのお手入れ不要。3ヶ月間使用可能です。
oteire
points_ver4_5
1本で3ヵ月水素水を作れます。

水素還元スティック(自社製) 一般的なペットボトルタイプ
水素が水中で発生していて減りにくい!
自分の飲みたい量だけ水素水を作れる。
コスト:4人家族で1日4ℓ飲むとすると
※スティック2本を3ヵ月使用した場合
¥2000×2本÷3ヵ月÷30日=約44円/日
開封したら溶存水素は減っていく一方!
飲みたい量を選べない。
コスト:4人家族で1日4ℓ飲むとすると
※500mℓペットを左同様に使用した場合
¥525×8本=約4200円/日

水素還元スティックは信頼のブランド

水素水の作り方

0.5~2.0リットル用の清潔なペットボトルに水を注ぎ、スティックを入れてください(ミネラルウォーターのペットボトルをおすすめします)。
投入後約2時間後には、豊富な状態になりますが、より濃い水素水をお飲みいただくためには、一晩(約8時間~)放置しておきましょう。
翌朝には水素豊富な水素水が出来上がります。

【作り方はとっても簡単】

  • スティックを軽く流水で洗う。
  • ペットボトルに水を入れる。
  • ペットボトルにスティックを入れる。
  • 2時間後、水素水の出来上がり。

suisosui_tukurikata

※一晩おいていただくことにより、濃度の濃い水素水が出来上がります。
※3本入れて濃い水素水をお飲みください。水素水による各大学の研究の結果、濃い水素水でからだの改善効果が発表されています。
※ペットボトルは500ミリリットル~2.0リットルまでご使用になれます。

水素水の理想的な飲み方

人間のからだの60%は水でできています。水は人体にとってなくてはならない存在であり、生命や健康を維持するために極めて重要です。
毎日の健康維持のために、成人は1.5~2.0リットル摂るようにしましょう。

【水素還元スティックで作った水素水の飲み方】

  • 朝おきてコップ一杯
  • お昼休みにコップ一杯
  • 休憩時間にコップ一杯
  • 食事の一時間半前にコップ一杯
  • 就寝前にコップ一杯

水素還元スティックの使い方

お米や野菜を洗う時に。

rice お米は米糖油という油がついており、空気に触れることにより酸化してお米の美味しさを低下させてしまいます。お米を10分間水素水に浸すことにより、美味しいご飯が炊きあがります。
vege ほうれん草やレタス、キャベツなど、野菜の根元を水素水に浸すと、お野菜に還元します。また、農薬を洗い流すこともできます。

飲み物を作る。

juice 野菜ジュースや粉末ジュースなどにご利用いただけます。
cha お茶やコーヒーなどは加熱により水素は放散されてしまいますが、美味しくお飲みいただけます。

猫や犬などのペットに。

pet 人間よりも五感の優れている動物も大喜び!水道水と並べると、水素水の方をたくさん飲むという体験談も頂きました。その他にも、「毛ツヤが良くなった」「ペットの便臭が消えた!」などのお声もたくさんいただいております。

切花や植物に。

flower2 植物に与える水も、水道水と水素水を比較してみると、圧倒的に水素水の方が長持ちします。「お花に水素水を与えると、ずっと元気な状態だった!」 「水素水で野菜を育てたら美味しくなった!」などの声もいただいております。

サプリメントを飲む水として。

sapli お薬やサプリメントを飲む時も安心してお飲みいただけます。

prev-01next-03
このページのトップへ